ダンスには興味がある。でも、始めるのに『怖い』という感情。

ありませんか??

 

「ダンスしてみたいと思うんですが、自分が踊れるかどうか...」

「ダンスを習ったとしても、上手く踊れるかどうか...」

「ダンスを始めても、カッコよくなんかなれないし...」などなど。

フリー画像

by:Tambako the Jaguar

こういう感情が、『興味』と同時に出てくることがあります。

 

特に、自分自身にコンプレックスがある場合。

僕は、ダンス始めたころは体型が『太っていた』ので、

「僕なんかが、カッコよくダンスなんか踊れないよな...」

と思っていましたが、

『興味』『ダンスしたい!』という気持ちが勝ちました。

 

『年齢的』『体型的』『運動神経』『リズム感』などなど。

『自分が持ってる悩み』=『ダンスを始めれない』になってしまう。

 

そうなったとき思い出してほしいのが、

『なぜダンスをしたくなったのか?』あなた自身の気持ち。

 

「年齢は重ねているけど、楽しく動ける趣味が欲しかったから。」

「今は太ってるけど、ダンスしてダイエットしたい。」

「走るのや球技はダメだけど、ダンスは本当に好きだから。」

「全くリズム感がないけど、ダンスしてリズム感をつけたい。」

 

『自分自身が持っている悩み』=『ダンスを使って克服したい!』

ということではないでしょうか?

 

『プロを目指してダンスを始める!』という目標があるなら、

カッコよく、上手く、リズム感たっぷりにダンスしないといけないでしょう。

 

でも、そうじゃないのなら『自分を良く見せよう』と思わないでいいんです。

思う必要なんかないんです。

 

『ダンス』=『楽しみたい!!』

 

この公式だけでOK! 毎回のダンスの時間を『ただただ楽しむ!』

それを積み重ねていくだけで、『自分は良くなっていきますからね!』

 

誰にでもできて楽しめるスポーツ。それが『ダンス』なんです。

 

 


0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA