スタジオダンシングシティでは、他のスタジオさんとは違い

社会人の方がたくさんダンスを楽しんでくださっております。

 

仕事終わりに夕方からのクラスに来て下さっていたり、

ローテーションで平日が休みの方はお昼のクラスに来られたり、

週末の土曜日に気持ちのいい汗を流されたり、

 

色々な形でダンスを楽しんでくださっております!

 

学生のころと比べて『仕事』が絡んでくるので

『ダンススクールに通う時間』を作ることが難しくなることがあります。

 

 

一年のうちの繁盛期や決算・新年度初め・年度末などなど

さらには、普段の仕事の中でも『残業』が絡んできたり。

 

『ダンススクールに通う時間』を自分で作り出さなければ

ダンスを楽しめなくなってきてしまうんですよね。

 

 

『生活』>『仕事』>『ダンス』が普通の図式になってしまいますよね。

『生活をするために』仕事をしないといけなくなると、

『ダンスが後回し』になっちゃうんですよね。

 

その時に考えて頂きたいのが、

あなたにとって『ダンスはどういう存在なのか』ということ。

 

A. Pagliaricci

photo by A. Pagliaricci

 

『ダンス』=『日常の楽しみ!』だったり

『ダンス』=『仕事を頑張れる自分の時間!』だったり

『ダンス』=『生きることを楽しくしてくれるもの』だったり

ダンスが好きな方にとっては、そんな存在ではないでしょうか。

 

ということは、

『ダンスが後回し』になることはもったいないことなんですね。

 

『ダンス』>『仕事』>『生活』が本当の図式ではないでしょうか?

 

『ダンスが仕事を頑張れるガソリン』の役割をしており、

『仕事が生活をさらに楽しくするための栄養源』ではないでしょうか?

 

『ダンスの時間が確保できない』=『仕事・生活が楽しくない頑張れない』

 

という状況になっていませんか?

 

 

普段の仕事の中で、是非とも考えて頂きたいのが

『ダンスの時間をどう確保するか?』

『ダンスの時間を最優先してスケジュールを作る!』

『ダンスがある日は残業しない!』

『ダンスの日の飲み会をバッサリ断る!』

 

『仕事のためのダンス』『生活のためのダンス』であるならば

上記のことは、本当に重要なことだとお思います。

 

『あなたの時間は、あなたのもの』

『その時のその瞬間の時間は、一つしかありません』

 

あなたの時間をあなたにとって一番大切なことに使ってくださいね!

 

やっぱり~!ダンスは楽しいですよ~!!(*^_^*)

 

top photo by focal-point-Photography


0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA