大阪は、雨です
けっこう雨です
雨の日でも、
メンバーさんは来てくれております
本当にありがたいですね。
雨の日は、普段と違う会話が生まれます。
電車で来る人もいれば、
歩いてくる人。
自転車で来る人もいれば、
車で送ってもらう人もいる。
その子たちの交通手段によって生まれる会話が違います。
やっぱり自転車で来るメンバーさんが、
被害の大きさを教えてくれますね
「うわー靴下ビチョビチョや
「カバンが濡れまくりや
「中のレッスン着まで濡れてしまってる
「今日は車で送ってもらってん
などなど
そんな雨でも
変わらず来ていただけるメンバーさんに感謝です。


ダンスは、
生活の中でどれぐらいの優先順位なんでしょうか?
中学・高校生にとって、
社会人にとって、
たぶん違うでしょうね。
ダンスから離れる理由として、
受験があります。
「勉強しないといけないから
ダンスやめます。
ダンスと受験勉強を天秤にかけたわけですね。
この時、
僕はんん??
と思ってしまいます。
ダンスと受験勉強を、
なぜ同じ秤で量ろうとするんだろうか??
当然量ると、どちらか選ばなければならないという結果が出てきますよね。
そもそも同じ秤で量るものではないと思います。
そこが、ちょっと違うんではないかな。
と、感じてしまいます。
自分も大学受験で、
3か月ぐらいダンスを休みましたが、
ダンスを休まなかったほうがよかったと思いましたし、
受験にダンスが関係しない。
と、後でわかりました。
その年の発表会も受験であきらめましたが、
出ればよかった。と、後悔しました。
僕が、めざすダンスの形は、
天秤に乗せられるのではなく、
ダンスが、生活の中に浸透してほしいんです。
ダンスは、塾やその他の習い事に比べて、
今の世の中では特に必要としないもの。
という位置づけだと思います。
だから、簡単に、真っ先に何かと天秤にかけられるんですよね。
ダンスには、
ものすごいパワーがあるのに、
それに気が付かないから切られてしまう。
ダンスはその人を後押しするものになるんです。

ダンスがあるから、
毎日を頑張れる。
ダンスがあるから、
受験勉強を頑張れる。
ダンスがあるから、
仕事を頑張れる。
ダンスがあるから、
人生を頑張れる。
レッスンを受ける時間は、
1週間に1回で、90分です。
この時間を切り離してしまうのか、
この時間があるから。
と、生活を頑張る起爆剤とするのか。
大勢の人が後者の気持ちになれば、
最高です。
僕は、なんとかしてダンスを世の中に浸透させたいです。
何かよい方法があれば教えてくださいね。
雨の日には良い歌を聴きましょう


0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA